スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッコーの巣の上で



春休みなんだよなぁ~
スウィング・ジャズと、コーヒーメーカーが奏でるコポコポという音のハーモニーを楽しみつつ、肩を揺らしながらこのブログを執筆しています。

キザすぎて自分でも死にたくなってくるな^~


こういうことは発信しないべきですよね、反省。



今年の春休みは教養に溢れた時間をつくるぞ!






そこ!自己満とか言わない!w

20年生きてきてようやく自分という人間を理解しはじめてきたわけですが、
まず過去の自分がおもっていたほど、自分は立派な人間ではない、と。

昔から割と要領は悪かったのですが、親の教育のお陰で、なんとなく中学までノリで生きてこられたのが原因なんでしょうか。
人生はおわる間際にならないと、本当のことがわからないのでわかりかねますね。

時折、「努力ができるのは才能」という言葉を耳にします。
実際自分も高校でてすぐはそんなこと当たり前のように語って偉そうにしていましたが、振り返ると若さ故の思考だと気づきました。


努力をしないことを「才能」だと決めつけて、自分のやるべきことから逃げている、って言うのが正しいんでしょうかね。



自分のやるべきことから逃げてきた自分。

結局自分の本質、根源てきな部分はそんなもんだったか。。。


否!ここで諦めてしまったらその程度の人間に成り下がってしまう!

今ぼくにできることは、それに抗うことです。
今まで同期に後れをとって大人になれなかったボクではありますが、少しずつでも進歩していって周りに近づかなくてはいけない。


なんで、今できることとしてはまずは自分の引き出しを広げることかなと思い、教養を広げていくことだと思いました。

まず、知ったかぶりをするのではなく、少しずつ自分の目で観て、そこから何を感じとることができるか。です。
今も、ブログを執筆することによって、少しずつ、文章を書くリハビリをしています。
それが誰の目にとまることがなくてもよいのです、こうやって考えを少しずつ文章に表していくことが大事。
例えそれが、コピペのようであっても、訓練を重ね、自分の引き出しを広げていけば、自ずと自分なりの文章へと昇華を遂げる。

今は信じてやるしかないですね・・・



がんばります。







はい

ここまでくだらない文章ばかり書いてきましたが、ここで映画のお話しを!

本日視聴した映画はコチラ!

「カッコーの巣の上で(米国1975年)」
51QlQH9EmDL.jpg


これはすごい。

あ~なんかまた単純な形容をしてしまったw


とりあえず、この作品はメッセージ性がとても強いです!!

人間の自由意志、尊厳とはなんだ?ちょっと考えるきっかけになったら幸いです。





久しぶりに長文を打ったせいか、集中力が切れてきたので・・・・本日はこのあたりで筆をおかせていただきます。

マトモに映画のレビューもしていないのに、すみませんw


では!














スポンサーサイト

タクシードライバー 感想


こんちは~

前回の更新から、はやくもブログ更新となります

今年の俺は、一味ちげえぜよ。





はい。

ということで、本日は映画レビューです~

ちゃんとした批評が観たいって人は、今すぐブラウザの「戻る」ボタンを!




今回は「タクシードライバー」です。
yjjhergeew.jpg




ロバート・デ・ニーロの代表作ですね。
主人公ロバート・デ・ニーロは、元軍人で戦場で心に深く傷を負っていた。
そんな彼がついた職は深夜帯のタクシードライバー。

遊びほうけた人間の溜まり場と化した街、気持ちの通じない女、14歳の売春婦、と様々な経験をした彼は正義感を次第に強くさせていき、あるとき衝撃的な行動にでる!!!!!!



説明へたくそですが、文章力のない今はこんなもんですね^^;



最後、平凡な日常が一転、圧倒的暴力を感じさせるシーンへと変わる瞬間は「狂気」を感じますね。


以下、ネタバレ要素を大きく含みますのであしからず



はじめに言っておきますが、この映画ほぼほぼ100%男ウケ映画です!w

ぼくなんか、妙に共感してしまう部分もありましたが、女性の目線からみると180度評価が変わってしまう、というか女性は理解できない類いの映画です。

主人公は、人一倍正義感あるんですけれどまったく無教養ですし、いわゆるこじらせてるタイプなんですね。
後者2つが完全に自分で・・・・・むずがゆい感じ。

特に何も起こらない毎日を淡々と過ごしていく描写はみていて自分が恥ずかしくなります。


とにかく彼は、この世の全てが嫌になってくる。
そうしてやがては狂気に走ってしまうわけですが、それを成立せしめてしまったのは、
彼自身の「孤独さ」にあるのかなと思います。

帰るべき場所、とでもいえます。

よかった・・・・ぼくにはまだ、帰れる場所があるんだ・・・・・
わかってくれるよね?ララァにはいつでも、会いに行けるから・・・・・・



アムロのこれ、おもいだしますね

ガンダムも思春期の少年の、独特な感情描いていますから。

中二病なんかじゃあない、自己中とは決して言いきれない。
こじらせた男なら絶対わかってくれるものが、そこにはあります。


という訳で、わたくし的には非常に気にいった作品でした。
ただし、おすすめはしません。

女子ウケしか考えてないクソサブカルにはぜひ見ていただきたい作品です^^





あと、内容以外の点としては

タンカースジャケットがかっこよすぎw


バリクソン?だかヒューストンのタンカースジャケット(正式名称:ウィンターコンバットジャケット)がめちゃくちゃ格好いいです。
おそらくですが、彼のミリタリー嗜好は元海兵というところからでしょうか?

タンカースジャケットというのはその名の通り、タンク(戦車)乗りに支給されるジャケットですね。
燃えにくい素材かつ、着ぶくれもしなく、タイトに着れます。

これをみて、米軍実物をポチってしまったボクチャンを許して~~~~~





はい

ほんじつはここまで。

アデュー。
検索フォーム
プロフィール

xamel

Author:xamel
静岡→京都

【趣味】
・クロスバイク(CHERO)
・スキー(長野新潟群馬)
・釣り(圧倒的淡水派)
・アニメ(古きよき)
・陸上(同好会)
・古着(たまに)
・玩具収集
・トレカ(yu-gioh)
・FPS(ガンオン)
・音ゲー(jubeat)
・戦場の絆

【祝】連邦中将
rev.4は半引退w

twitterやってます
垢:xameler


【諸記録】
100m 11"14
200m 22"30←New
400m 53"89
4×100mR 42"35
4×400mR 3"23"28

徒然なるままに。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
78858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大学生
3498位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter

Twitter < > Reload

TOEIC語彙
基礎力無しに成長無し

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。